数字を使える営業マンは仕事ができる 内山 力

少し前にだが,「数字を使える営業マンは仕事ができる」という本を読んだ. セブンイレブンの鈴木さんがやっていることの基本はこういうことなのかな?と納得の出来る本であった. 統計の解説本は多いが,実践とはかけ離れたものが多い … “数字を使える営業マンは仕事ができる 内山 力” の続きを読む

天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実 高橋 克彦

炎立つが面白かったので,その後の奥州を描いた「天を衝く」も買って読んでみた. 天を衝く〈1〉―秀吉に喧嘩を売った男九戸政実: 本: 高橋 克彦 3巻で秀吉勢と戦うのだが,蒲生氏郷が愚将扱いされているのが非常に納得がいかな … “天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実 高橋 克彦” の続きを読む

学研の科学を取ってみようか...

私が小さいときにとっていた学研の「科学」と「学習」. 子供にもと思って去年資料請求していたが,あまり興味を示さなかったので一年放っておいた. 今年,お知らせが来たら少し興味を示していた. 子供チャレンジは周りがみんなやっ … “学研の科学を取ってみようか...” の続きを読む

真説 謎解き日本史 明石 散人 (商品企画の真髄)

前にも明石散人氏の本(日本語千里眼)は紹介したが,既に持っていてふと最近読み返してびっくりした本があったのでまた紹介する. それが,この真説 謎解き日本史だ. 私がうなったのは足利義教のことを書いた「孤高の権力者」の章だ … “真説 謎解き日本史 明石 散人 (商品企画の真髄)” の続きを読む

靖国問題の精神分析 岸田 秀 三浦 雅士

久しぶりに読んだ岸田秀の本. 靖国問題に関してはさまざまな意見があるが,今まであまり知らなかった. 中国は「戦争を起こしたのは日本の軍国主義で一般の日本人が悪いわけではない.」という論理で友好条約を結んだのに,その軍国主 … “靖国問題の精神分析 岸田 秀 三浦 雅士” の続きを読む

日本サッカーと「世界基準」 セルジオ 越後

今までセルジオ越後さんはテレビではよく見かけていたがどういう人かはあまりよく知らなかったが,少し本屋で立ち読みしてみたら,面白かったので買ってみた. 少年サッカーのコーチをしているので,「サッカーの教育と育成」は参考にな … “日本サッカーと「世界基準」 セルジオ 越後” の続きを読む

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 安部 司

自分で畑を借りて無農薬で野菜を育てているが,添加物に関してはあまり知らず,とりあえず読んでみようと思った. 図書館で予約しても待ちが多かったので,あきらめて購入. 結論から言うと,冷凍食品や外食が多い人は一度読むことをお … “食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 安部 司” の続きを読む

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 リリー・フランキー

嫁さんが図書館に予約していたのだが,待ちが200とかなってて,半年ぐらいでようやく借りることができた. 嫁さんが読んで泣きまくったというので,読んでみた. リリーさんのお母さんに一つ教えられた. それは「自分が恥をかいて … “東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 リリー・フランキー” の続きを読む

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) 塩野 七生

早いもので,この本ももう22巻まで読み進めて来てしまった. ここまで長く一つのシリーズを買い続けたのは池波正太郎の「剣客商売」以来ということに気づく. 淡々と物語が続いていくが,ローマとギリシャとユダヤの関係などがよく分 … “ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) 塩野 七生” の続きを読む