ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) 塩野 七生

書評
この記事は約1分で読めます。

早いもので,この本ももう22巻まで読み進めて来てしまった.
ここまで長く一つのシリーズを買い続けたのは池波正太郎の「剣客商売」以来ということに気づく.
淡々と物語が続いていくが,ローマとギリシャとユダヤの関係などがよく分かって興味深い.現在の状況を考える上でも,非常に参考になり,歴史を書き残してきた人々にひたすら感謝.

コメント