オーディオアンプ thomann S-75mk2

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

いまだに結構アクセスのある「ONKYO のアンプ A-701XD」のページだが,あの時修理してからだいぶ経って,また同じように「ブーン」となり始めた.
直結してもらいに,今度は横浜の ONKYO のサービスセンターに持って行ったりもしたのだが,動かしたおかげか,現地では再現できず,帰って来てからしばらく音も鳴りをひそめていたのだが,そのうち,また,「ブーン」と低音がなり始めた.
いい加減,持っていくのも疲れるし,分解するのも面倒だし,と思い,新しいアンプを物色し始めた.
オーディオショップでいろいろ聞き比べたが自分の家と違うので,どうもわからない.
よくなっている気もするが...
あるショップでアンプを送料だけで貸してくれるというので,60万ぐらいするのを一度借りてみた.
それで,家で ONKYO のと比べたのだが,私の耳でははっきり言って違いが判らなかった.
なんか良い音のような感じもするのだが,発熱も A-701XD と変わらないし,音は透明度が増したような気がする程度だ.

そこで,高価格なものはやめて,もっと安いものを物色し始めた.
それで見つけたのがこれだ.

thomann S-75mk2

上の画像を押すと価格比較サイトに飛ぶが,購入したのはプロケーブル

ドイツ設計の中国製ということで微妙な感じなのだが,まあ値段も値段だし,また薄いのも気に入って購入してみた.

実際に見ると,オンキョーのアンプよりも幅は少しとるが,全体的にかなり小さい.
また,発熱がほとんどないのが非常に気に入った.

オイルヒーターかと思うほど熱くなるアンプが多い中で,これは画期的なことだと思う.
(ネット上では,あまりこのことには触れられていないと思う.)

thomann S-75mk2 配線
今,使っているドイツ製の DAC にバランス接続できるのも気に入った点だ.

さて,本題の音だが,私の耳ではオンキョーとほとんど変わらない.
60万のアンプほど聞き疲れがしないという感じではないが,十分良い音だと感じられた.

なので,非常に満足している.
スピーカーは20年以上前の DIATONE のものだが,問題なく鳴っている.
(ちなみに購入は半年以上前.)

関連記事

「オーディオアンプ thomann S-75mk2」への2件のフィードバック

  1. A-701XDのブーンノイズ。
    ソースダイレクト分解研磨、バランスVR分解研磨
    、パワー基盤にあるバイアス調整用トリマを電源を
    切った状態で最小に絞り、45度回してバイアスを
    再調整します。発熱はヒートシンクが人肌以下に
    下がります。
    この機種はガリは出ずともトーン基盤可変抵抗の
    汚れでブーンノイズが出る症状を確認しています。

    701XDのデジタル入力無しの817XDを3台みましたが、
    両者、基本部は全く同じです。

    いろいろなアンプを視聴してきましたが、XDは
    プリメイン最強です。中級機種の音ではないので
    捨てるのはもったいなく思います。

  2. コメントありがとうございます.やっぱり XD は音いいですよね.一台は処分しましたが,なぜかもう一台 XD あります.ページ見つけました.参考にさせていただきます.リンク張らせてもらってよければ張らせていただきますが.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください