弓道で使う矢筒の作り方

矢筒を道場に持っていくと初めて見る人に作り方をたまに聞かれるのと自分への備忘録のために矢筒の作り方をもう少し詳しく書いてみる.

以前に「矢筒を作ってみた」という記事を投稿したことがあるが,紐を通す部分が劣化して壊れることがあった.
それも改良したので,そこも含めて書き直すことにする.

ちなみに前作った奴は劣化した外側のエコテープは切り刻んで中身は再利用して作り直した.
(矢筒は一杯あっても使いようがないので,流石にもういらない...)

まず,完成品画像

矢筒の中のパーツ

上蓋の内側に入れている雨どいに蓋をしたところ.

蓋のパーツ
クロックスの素材でも使われている EVA (百円ショップでシートで売っている.)
これをプラバンとコルク板(これも百均)で挟み込む.
円形に切って貼り付ける.矢尻や矢筈が当たる部分はコルクで覆うことをお勧めする.
他のスポンジみたいな発砲ウレタン素材だと矢尻の金属の部分が当たっているところが夏に溶けたりする.(実話)

コルクで斜面を作る.これによって矢を入れるときに引っかからなくなる.
(ここが分からない方が多いみたい.)
この後,紙粘土で覆って滑らかに整える.

矢筒本体の底

エコクラフトで編み上げる

前回の矢筒記事を参考にしてください.

といっても,あんまり書いてないか?

それほど難しくはないんですが,コツとしては二本ずつ巻いていかないと互い違いには巻けません.
やってみると分かります.

縦のテープは4本幅で10本で作ってます.
横のテープは2本幅で.
1本幅だと時間がかかりすぎて大変ですが,頑張れる人は一本でやると良いと思う.

紐を通す金属パーツ(丸カン,手カン)

下が今回の工夫部分の丸カン.
ユザワヤで丸カンの存在を教えてもらったがあいにく在庫なし.

私が購入したものは今探したところなかったが似たようなものを見つけた.(当時150円だった.)
下の写真をクリックするとアマゾンへ.

恐らく,同じものだと思う.(前のは安すぎだとは思っていた.)

最後の仕上げ

完成後に塗るのはニスでなく,ラッカーがお勧め(これもダイソー).
一つの矢筒で一本使い切ってしまうぐらいしかないけどちょうどよい.
前の投稿のようにニスを塗ると黄色くなるのでラッカーがよい.

ラッカースプレーを吹き付ける前に丸カン部分にマスキングテープを張る.

全体写真

やっぱりちょっと縦線は歪む...

籐と紙バンドによる弦巻の作り方

エコクラフトで弦巻を手作りで作った完成品のみ載せていたが,あまり作り方は詳しく書いていなかった.リンク先のページを参考にしてもらった方が良いと思ったからだ.
しかし,コメントを頂くにつれ,リンク先には籐による作り方は書いてないし,確かにこれでは分かりにくいと反省し,再度書くことにした.
(基本はあくまでも前回のページでリンクされている方々のページの作り方です.)

ちょうど,ひょんなことからもう一つ弦巻を作ることにしたので,作りながら写真を撮っていった.
製作時間はだいたい7時間ぐらい.
ちょっと大きめなので弦3つぐらいは巻けると思う.

まず,ダイソーで買った籐は以下のようになっていて,最初から巻いてある.
ダイソーで売ってた籐

籐の芯は一段ずつ切っておくほうがよい.

  • 切らずに一本でとぐろを巻くより,対称できれいに出来る.
  • 一段ごとに色を変えるので何かと都合がよい.
  • 長さを中央部分を対称に長くしていけば,きれいに対称に出来る.
    例えば,「中央の籐を33cmとして,両側を36cmにし,さらにその外側を39cmにする」という具合.

内径9.5cmの場合,籐は33cmぐらいで作ってやるとよい.計算だと30cmになるが,斜めに組み合わせる部分と余裕を持たせるために少し長めにする.
その時の紙バンドはだいたい175cmぐらいだった.
外周に行くに従って,籐は3cmずつぐらい,紙バンドも気持ち長めにしていくと良い.
籐は毎回,実際に回してみて調整するとうまく行く.

籐の芯
さらにニッパを使って,先を斜めに切ると繋ぐ時によい.最後は微調整するので長めに切っておく.

弦巻の編み始め
最初の編み始めは固定されていないので結構面倒である.何回も戻って締めながら直して作る.

一度に巻きつけると楽
巻くときは一度に巻きつけておくと楽.(これは参考にさせてもらったページにも書いてある.)

途中まで出来た弦巻
途中まで作るとこんなふうになる.少しいびつだが,あまり気にしなくて良い.完成に近づくにつれ,丸くなっていく.

合わせ目はボンドをつけずにそのまま
つなぎ目はこんな風に重ねてやるときれいに出来る.しっかり縛ってやると良い.最後にニスを塗るのでボンドは不要.

弦巻完成品
ニスを塗って完成.今回は油性のニスを少しうすめ液でうすめて使ってみた.

矢筒を作ってみた

竹矢を買うにあたって矢筒が一つしかないと保管に困るし,同じものを買うのも芸がないので,自分で作ってみることにした.

いろいろなホームページを参考にさせていただいたので,感謝の意味を込めて参考までに自分なりの作り方も載せることにした.
※)参考にさせていただいたページ(ありがとうございます!)
弓道我人生(エコクラフトのような紙テープ)
別冊住弓(全体的な作り方)
KenKosakiのホームページ(全体的な作り方)
ぶな(特に矢筒の紐の結び方)

材料

価格はだいたい.

・雨どい Φ60mmとΦ45mm二つで1000円
・プラ板 価格は忘れた
・発泡ウレタン板 100円
・紙粘土 100円
・木工用ボンド 200円
・コルク板 厚さ2mm 500円
・紙テープ(コルク板方式の場合は不要) 100円
・SUPER X や G17 などのボンド 200円
・油性ニス 1000円
・矢筒用の紐 1700円
・石突 600円

作り方

まず本体だが,紙管かエンビの管にするかでまず迷う.
紙管の場合,内側にもニスを塗らなくては駄目そうだったのとその場合,矢のすべりが悪そうであったこと.
また分厚いものだと重くなることが分かったので,薄い塩化ビニールの管を探した.
近くのホームセンターにΦ60mmとΦ45mmの雨どいがあったので,それを使うことにした.

蓋をどうするかだが,前に万華鏡を作った際にあまったプラ板があったので,それに発泡ウレタンの板を貼り付けることにした.2作目ではウレタンがボロボロになる可能性を考えてさらにコルクの板を張った.

矢筒の底と蓋

一番難関のクビレ部分で,「あきらめてまっすぐなものを作る」という手もあったが,折角なので挑戦しないと面白くないと思い,いろいろ考えてみた.
紙管の場合は厚みがあるので,円錐を作って張り合わせても強度はなんとか保てそうな気はしたが,雨どいは薄すぎて,この方法だと強度が保てないと判断し,紙テープをぐるぐる巻きにすることを思いついた.

矢筒くびれ(紙テープ)

このようにΦ45mmの雨どいに紙テープを巻きつけて段々分厚くしていき,60mmの雨どいにつなげるというやり方である.木工用ボンドで固めて乾燥させるとまあまあの強度になった.
しかし,これだと滑らかでないし,美しくないのでさらに紙粘土でコーティング&補強することを思いついた.
この紙粘土はダイソーで100円で売ってるものだが,なかなかスグレモノだ.ちょっと臭いのが難点だが,乾かせば臭いはしない.
矢筒と紙粘土

ここまでやるとほぼ問題はなくなったが,Φ60mmの雨どいとの接続はボンドでいいのだが,上から覗いた時に1mmほどの隙間が出来てしまう.
実際には矢を入れたときに引っかかるほどではないので,まあ気にすることはないのだが少し美しくない.

そこで悩んでいたところ,道場の先輩にコルク板を使う方法を教えていただいた.
素晴らしい.まさにブラボー!
この方法なら,紙テープよりは強度がある.で結局二作目を作ることになった.

矢筒くびれ(コルク板)

それで作っていて気づいたが,下の写真のようにしてΦ60mmの方を仮に当てた状態を作り,

矢筒くびれ(コルク板) 粘土付ける前

ここの内側に滑らかに粘土をつけると見事にほとんど隙間なく斜めの面を作ることが出来た.
紙テープのときにも気付いていれば,同じ方法は採れたと思う.

矢筒クビレ括れ部分(中はコルク板)

それで粘土が乾いたところでニスを塗って防水完了.

ここでまた,一つ作り方に分岐点がある.
蓋と本体との接合部である.茶筒のようにするなら,内側にもう一回り細い管を入れて固定しなければならない.
羽根をいためないためには内側もほぼ同じ長さにする必要があるが,これをすると頭が重くなる.
また,Φ58mmの雨どいなんて存在しないので,Φ60mmを縦に切って細くするぐらいしか思いつかない.
そうするとやっぱり継ぎ目が少し汚い.
ぴったり入ると茶筒でもそうだが,す?っと入って気持ちがいいし,何より丈夫に守られている感じはする.

しかし結局,重さと継ぎ目のデメリットと気持ちよさと丈夫さを天秤にかけて,軽さと見た目を優先することにした.
蓋には途中までΦ60の雨どいを入れて,強度を補強し,エコクラフト(紙テープ)にはニスを塗って補強することにした.

本体は下の写真のようになった.

矢筒(本体上部)

普通の蓋より短めなのは実は取りやすくするためだったのだが,一緒に他の矢筒と並ぶと少し変だった.バランスの問題だと思うが,2作目ではこの反省を生かし,もう少し長めにとってみた.

最後にニスを塗って完成.
一作目はもともとあった水性ニスで,二作目はそれがなくなったので,油性ニスを買って塗ってみた.
油性の方が丈夫に出来た気がする.重さも若干重いような気がする.
ただし,色はちょっと黒めになったと思う.

左が一作目で右が二作目.
矢筒完成品
二作目は一作目と同じでは面白くないので,ちょっとねじってみた.
なんか床屋の回転灯みたいといわれたが...まあちょっと変わってて面白いんじゃないかと思っている.

矢筒完成品アップ

紐はスエカネ弓具さんで購入.調べた限りでは一番安い.
下にリンクを張っときます.

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

矢筒紐 房付き
価格:1712円(税込、送料別) (2021/1/4時点)

紐を通しているわっかは丸編み(丸四つ編み)という編み方で,たとえば「簡単!ミサンガの作り方」というページにもある.
前にも紹介したが,私は,

編んだり、組んだりエコクラフトのバッグとかご

を参考に編んでみた.

石突はΦ45mmの管にさらに巻いているので,太すぎてなかなか合うのがなかったが,かろうじて弓具店で見つけたものをつけている.
一作目の方には嫁さんに作ってもらったものをはかせていて,出来は全く問題ないのだが,なんというか,もう少し改良の余地がありそうだ.手芸屋で端切れの皮を買ったのだが,光っていないタイプの方がよいかもしれない.

エコクラフトで弦巻を手作り

弓道場でカラフルな弦巻を持っている人を見かけたことがきっかけで自分も作ってみようと思ったのがはじまりだった.
(作り方をもう少し詳しく知りたい方は,「籐と紙バンドによる弦巻の作り方」へ)

その時はハマナカ製のエコクラフトと,水性アクリルニスを買って作ってみた.

作り方で参考にしたのはぶなさんのエコバンド弦巻作製のページ.
正直,弓をやっていて,手芸もやってる人でないと気づかないと思うが,よく思いついたなあという感動があった.

本当は籐で全部作れば弓道具屋で売っている弦巻そのままのものができるが,芯でないほうのつるつるの籐(籐椅子とかで使っている籐)は売っているのを見かけたことがないし,色がつかないのも面白くない.
エコクラフトで作れば色が選べるので,人と違う弦巻で区別しやすくていいなと思った.

ただ,芯はたまたま実家に籐があったので,籐を使って作ってみた.
二年前の正月休みに作ったのだが,延べ20時間ぐらいかかったと思う.

それであまりの面倒臭さに二度と作らないと誓ったのだが,先日矢を買ったことにより矢筒が必要になり,ビニールの同じ矢筒を買うのも面白くないと思い,これも手作りすることにした.作り方や材料を探したところ,今度は「弓道我人生」さんの手作り紙製矢筒ページで昭和包装株式会社(リンク変更 2020/6)を知り,こちらの方が断然安いので最初 30m1色 とサンプルをメール便で頼み,さらに4色を追加で頼んだ.
さすがに矢筒一本作ったぐらいでは余ってしまい,弦巻はもっとあってもいいやと作ってみた.
在庫の籐がなくなっていたが,ちょうど,ダイソーで売っているのを見つけたので,それを二つ購入した.一つあれば弦巻二つは楽に作れる長さはある.

一番左の黒が初代のもので純正エコクラフトの黒を使ったもの.

次がテラコッタという色だが,純正と昭和包装のが混じっている.
2番目のものは久しぶりに作ったら,10時間ぐらいで出来たのだが,仕上がりが少しいびつになってしまった.

そこで納得いかず作ったのが3番目のもの.色もナチュラルとテラコッタとブラックチョコでグラデーションにしてみた.3番目では初めて籐を1周完結方式で作ってみた.最初の二つは一本の籐をぐるぐるとぐろを巻くように巻いていたが,それだと最後がどうしても少し汚くなる.そこで一本一本輪を作ってから作ってみた.
まあまあ,うまく出来たが,対称になっている輪はぴったり長さをそろえないとやっぱりいびつになる.

4番目のものはネイビーブルーとバニラとナチュラルを買っていたので,それを組み合わせてみたのだが悪くないと思う.さらに組み方も向きを交互に変えてみた.特に芯になっている藤の長さを揃えるようにしたので一番きれいにできた.

藤は両側の端を同じ方向に斜めに切ってやると繋ぐ時にぴったり来る.最初は木工用ボンドで止めていたが,止めなくても後でニスを塗れば固まってしまうのでボンドで止める必要はない.エコクラフトもボンドで止める必要はない.その辺を端折ると結構早くできる.

最新作2つを拡大してみた.

編み方の向きが左側は同じ向きで右側は互い違いになっているのが分かるかと思う.
最後のものはだいぶ作業に慣れてきたので5時間かからずに出来た.
ちなみに巻きつける紙バンドは私の場合,両手一杯広げた長さが一番長い外周を巻く時の長さとほぼ一致していたので,それを考えて切っていくとうまく作れた.

作るのがだんだん面白くなっては来たがさすがにもう必要ないかなあ...

究極の身体 高岡英夫 と弓道

この本は読んで非常に納得感があった.



究極の身体 高岡 英夫

高岡英夫氏については以下の動画を見ると良く分かる.

この方は合気道や古武術専門の武道家だと思うのだが,弓道でよく先生に言われることと似たことが書いてある.
なぜ,同様のことが書かれているのか,少し考えてみたが,武道の修行というのは人間本来の身体の所作を取り戻すための修行ということか,と思い至る.

よく外国語も1つよりも複数習得していると,次の言語の習得が早いといわれる.
武道も達人は何種類も高段者である人が多いようだが,何種類か経験していると根底に流れるものが同じなので,そういうことになるのではないだろうか.

また,この本には呼吸に関しては書かれていないが,別に呼吸に関する本も出されている.
身体操作と呼吸は密接な関係にあることも同様だ.
弓でも「息合い」という言葉が出てくる.

弓道は初心者だが,検索しても,弓との関係を書いている人を見つけられなかったのでちょっと書いてみた.

特に参考になったところ

間違っている可能性もあるので,そこは分かった上で読んでください.
何か違うと思われた方はコメントお願いします.

第2章 重心感知と脱力のメカニズム

重心感知と筋肉の脱力
体の縦の線は弓でも重要だが,脱力もよく言われる.
脱力しないと重心が感知できないので,つまりまっすぐ立つことができない.

筋肉がついても意識が通らなければ使えない
武道の筋肉は武道でしかつかないとどこかで聞いたことがあるが,筋トレだけしても駄目だという.
常に背骨がまっすぐになっていることを意識して動かすことが重要.

第4章 身体分化・各論

腕がいいと「小手先芸」の違い
手で引くな.手首に力を入れない.

甲腕一致
打起しはまさに立甲腕一致で行うのが理想なのではないか?
引分けは肩甲骨をくっつけるようにとも言われるが,これも肩甲骨周辺の筋肉を使うということなので,立甲腕一致の考え方と一致している.

肩ではなく,腰から腕が出ていると思えといわれるが,同じことを指しているのではないか?



究極の身体 高岡 英夫