raspberry pi で ELECOM UCAM-C1C30SV を動かす

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

【備忘録】
いろいろ出来そうなので,前から気になっていた raspberry pi を購入してみた.

IP-PBX構築 を asterisk でしてみようと思ったのが一番の原因だったが,とりあえず,その前にカメラ接続できるかやってみた.

家にあったかなり古い USBカメラ ELECOM UCAM-C1C30SV を使ってみる.

以前に cubox でもちょっと苦労したが接続できたので,当然これも使えると思ったが,少し作業が必要だったので,記録しておく.

接続するだけで認識したので,すぐ見えるかと思ったが,motion を実行してみると,灰色の画面しか映らない.
[1] Config palette index 0 (S910) doesn’t work.
となる.

調べてみると,motion は v4l2 デバイスしか処理できならしい.
よって,/etc/profile に
export LD_PRELOAD=/usr/lib/arm-linux-gnueabihf/libv4l/v4l1compat.so
を加えてみる.
それであっさり動いた.

関連記事

“raspberry pi で ELECOM UCAM-C1C30SV を動かす” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です