Raspberry Pi B+ に SabreBerry+ で lightMPD

だいぶ前にハイレゾ音楽を cubox で聴いている話を書いたが,実はこの後割とすぐに,lightMPD に乗り換えていた.

これの良いところは何と言っても電源ブチ切りが可能なこと.
lightMPD はコンセプトが素晴らしい

また,たまにノイズが乗っていた.原因が結局分からなかったのだが,lightMPD に代えるとそのプチプチがほぼなくなった.
で,それでしばらく運用していたのだが,先日の asterisk を QNAP に入れた時点で raspbery pi の使い道がなくなってしまっていた.
ちょうど余っているし,Raspberry Pi の I2S 端子と直結する DAC 基板がいろいろ出ていることに気づいたので,いろいろ物色してみた.
DAC に PCM5102A を使っているものと,ES9023 を使っているものがある.
hiFace Evo が 5102 らしいので,同じのは面白くないと思い,ES9023 で探すとよさそうなものを発見.既に使っているケースにも収まりそうだ.
それで,SabreBerry+ を購入.

はんだ付けの必要があるが,ケースにちょうど収めるためには半田付けは自分でやったほうがよい.
Rasberry Pi B+ に SabreBerry+
実際にはこんな感じ.上の画像のリンク先で購入したがすぐに来た.

前回,6万ぐらいでネットワークプレーヤーが出来たという話を書いたが,今回は
Raspberry Pi MODEL B (PLUS) &専用ケース¥6,380
TAKAZINE-004 SabreBerry+ ¥6,480
だったので,正味 13000円ぐらいである.
ACアダプタは最初PHS用の550mAのものを使っていたのだが,どうも途中で曲によってはちゃんと再生できないもの(ノイズが入る)があり,仕方がないので,1.35Aのものに代えた.

それで,当然のように lightMPD を載せたが,
いやぁ~,値段からは信じられないほど普通にいい音である.
いろんなブログで紹介されているのは当然だなと思う.
またもや,皆様に感謝である.

これにより,アンプに連動させて Raspberry Pi の電源を入れるようにしたので,終わるときもアンプを切って終了できるのでスイッチ一つになり,嫁さんにも操作できるようになった.すごい世の中になったものである.

ちなみに lightMPD 最高なのだが,無線LANに対応してもらえると家の中のLANの来ていない部屋にも持っていけるようになるのでさらに最高なんですよね.
lightMPD はちょっと見た限りいじれなさそうなのでそれが少し残念.

今は仕方なく,
RaspberryPi と QNAP
な感じ.

RuneAudio で無線のUSBを付けたらノイズが乗ったという話がどこかに出ていたが,私のところで試したところ大丈夫だったので,lightMPD が eth0 だけでなく,wlan0 に対応して,適当な無線LAN子機(USBアダプター型)のドライバーを積んでくれたらいいなあ!と思う.

他力本願なのだが,ネットワークの分離とか書かれているから,やっぱり音質面で却下かなあ?
うーん,別バージョンでもいいから欲しいなあと思う今日この頃である.

ちなみに,RuneAudio で問題なく動いた私の購入した無線LAN子機はGW-USNANO2Aである.
これのドライバーも搭載しておいていただけないかな~.(しつこい)

追記) 2015/11/6
LightMPD で USB の wifi 子機を使った無線接続に成功

電動アシスト自転車アルベルト e

ついに電動自転車を買ってしまった.
これを買うと終わりだと思って買わなかったのだが,嫁さんが結構な坂を上り下りする必要が出てきて,車で行くと駐車場代もかかるし,通常の自転車だとやはりきついし,今のママチャリもかなりボロくなってきたので,仕方なくという感じだ.
買えば買ったで私も使うことになるだろうし,いや出来るだけ使わないようにしなければならんと思いつつ,どうせ買うなら現行機種で一番よさそうなのを選ぶべきでしょとなった.

最初は定評のあるヤマハにしようと思った.
なぜなら,ルーターから始まり,モノづくりに真摯に取り組んでいる姿勢が好きだからである.まず大丈夫だろうと思ったからである.

ただ,自転車屋に聞くと確かに作りはしっかりしているのだが,ブリヂストンとヤマハはかなりの部分,共通の部品を使っているという.
また,高校時代に私はブリヂストンのロードマンという自転車に乗っていたのだ.この自転車は値段は安い割にとても良い自転車だった.

バッテリーの持ちなどはどこもほぼ同じらしい.ヤマハは基本に忠実なのはいいのだが,ラインナップを見てももう一つ面白くない.
パナソニックはなんとなく自転車のイメージが湧かないので早々に脱落させた.

ブリヂストンを調べてみると興味深い自転車が見つかった.
それが,この「アルベルト e」だ.

ブリヂストン アルベルト e

アルベルトというのはよく雑誌とかにも出ているので知っていたが,通学用の自転車というイメージだった.
ただ,これが値段でいうと一番高級機種なのである.
「なぜ,主婦より学生の方が高級なのか?」
訳が分からないので自転車屋に聞くと,
「田舎の遠距離通学の学生用で祖父や祖母に買ってもらうことを考えている.」
という.
納得できるような納得できないような...

で,それの電動自転車版が「アルベルトe」である.
今年の1月に発表されたばかりというのも新し物好きを刺激する.

いろんな自転車屋で値段を聞いても5%引きがせいぜい.検索しまくって結局一番安い店が↓.
【エントリでP最大13倍(6/15 0時まで)】【1都3県のみご提供可能】ALBELT E(アルベルトe)EAL785/L型フレーム/27インチ電動アシスト自転車BRIDGESTONE(ブリヂストン)【送料プランA】

価格:118,960円
(2015/6/14 17:38時点)

ポイント含めなくても地元の店より3000円ほど安い上に買った時にさらにポイントも乗るキャンペーンがあった.

また,やっぱりサイドミラーは必須だろうということで
BUSCH&MULLER(ブッシュ&ミューラー) CYCLESTAR サイクルスター 901 サイクルミラー
を別途購入.

チェーンがベルトで変速は内装5段

電動とは言ってもママチャリなので,メンテはあまりしたくない.野ざらしでも錆びないベルトはどんなものだろうという興味があった.
さらに変速が内装なのでこれもメンテの手間が省けそう.(というか,壊れたら手におえなさそうなので諦めも付く.)
後輪とベルトチェーン
確かに静かだ!

モーターが前輪駆動で人力で後輪駆動でデュアルドライブ

車で言えば四輪駆動のようになり,滑らないという.なるほど納得だ.
前輪

回生充電機能

昔,サンヨーの自転車がやっていたらしいが,今ではほとんどの電動自転車からなくなってしまった回生充電.これはペダルをこがない時に勝手に充電してくれる機能と,ブレーキをかけたときに充電してくれる機能と二つを備えている.
回生充電が働いているときは下のコントローラの電池残量のメーターがナイトライダーのように伸び縮みする.あんまり見すぎると事故りそうなので注意が必要である.
コントローラ
下りで少しでもエネルギーをためられると思うと気分がよい.

ソーラー充電機能付き尾灯

芸が細かい.電動自転車なのだから線でつなげばいいようなものだが,そこは独立させている.
夜間のために尾灯を付ける必要がないのは良い.前に買った尾灯があるのでそれを付けようかと思っていたが,その必要がなくなった.
尾灯

盗難補償

なんと3年間の盗難補償付である.
前にクロスバイクを購入しようとしたときに「最近,盗難補償つけるのが難しくなった」と自転車屋が言っていたが,これはブリヂストン直々のメーカー補償である.
素晴らしい.

購入後乗ってみての感想

初めての電動自転車だったのだが,感想としては
「思ったより漕がされる.」
いやあ,「楽しようとしてはイカンな」と思い知らされました..

少しコツが分かったのだが,なるべくダラダラ漕ぐと結構助けてくれる.
スピードが付き始めて思いっきり漕ぐと全然助けてくれないので今までのマウンテンバイクの乗り方はやめないと意味がないなと分かった.

それ以外は特に問題はない.
特に漕ぎ初めが楽だ.坂を上っても汗はかかないし,息も切れない.
文明の力を実感した.

パソコンからQNAPのasteriskに収容した050Plusで電話

自宅には光が引いてあるが,自宅からする仕事の電話では番号が伝わってしまう関係で別の番号を使いたい.
OCN モバイル one を会社で契約している関係で 050Plus も試しに契約していたが,音質が悪くて,とても仕事の電話では使えない.
PHS もイマイチ回線品質が悪くて微妙なのでやむを得ず自宅で個人契約の光回線の電話で電話していた.

なんとか自宅からの仕事関連の電話を会社契約の 050Plus で使えないかと試行錯誤した結果,まあうまくいったので備忘録として残しておく.

先ほども書いた通り,050Plus は Nexus7 で使うと音がいまいちで,特に相手側にかなり不評でエコーがかかっているとか雑音が入るとか散々である.

そのためにまず,050Plus を asterisk に収容するところから始める.
最初,raspberry pi に asterisk を入れて,050Plus を収容する設定をして動かしていた.
asterisk に050plus収容」や「asterisk をインストールして初期設定&050plus を外線に使う」の辺りを参照.いつもながら感謝.

ところが,これでも音質が悪い.
やっぱりダメかと諦めかけたとき,回線は光だし,wifi は十分スピード出ていると思うので,パソコンでやってみることにした.
(いや,Nexus7だって十分なスピードでネットにつながっているはずなのだが.)
実験してみると AGEPhone を使えば実用レベルの音質になることがわかった.zoiper も音質は悪くなかったが,なぜか着信ができなかったので途中で断念した.

また,別の件で QNAP の管理画面を触っているときに qpkg の中に asterisk が存在することに気づいたので,QNAP で動かすことにした.
これならわざわざ電話のためだけに raspberry pi をつけておく必要がなくなるからである.

ところが,qpkg の asterisk だとなぜか電話出来ない.
(というか,GUIの画面の設定方法がよく分からない.)

よく分からないが,ipkg で asterisk を install してみると動いた.
(QNAP に ssh でログインして,ipkg install asterisk18)
結果オーライである.

なお,/opt/ の下に入る.
設定ファイルは
/opt/etc/asterisk/sip.conf

[general]
context=default
port=5060
bindaddr=0.0.0.0
language=ja

; 050plus and tls
maxexpirey=3600
defaultexpirey=3600
context=default

tlsenable=yes
tlsbindaddr=0.0.0.0
tlscertfile=/opt/etc/asterisk/keys/asterisk.pem
tlscafile=/opt/etc/asterisk/keys/ca.crt
tlscipher=ALL
tlsclientmethod=tlsv1
tlsdontverifyserver=yes
register => tls://<nicNm>:<sipPwd>:<sipID>@60.37.58.170:5061/100
;着信したら内線100を鳴らす

[050plus]
type=friend
secret=<sipPwd>
port=5061
defaultuser=<sipID>
fromuser=<nicNm>
host=60.37.58.170
;host=kar-f2fcp.050plus.com
fromdomain=050plus.com
context=default
insecure=invite,port
dtmfmode=inband
canreinvite=no
disallow=all
allow=ulaw
callgroup=1
transport=tls
encryption=yes
nat=yes

[101]
type=friend
defaultuser=101
secret=<password>
canreinvite=no
host=dynamic

[102]
type=friend
defaultuser=102
secret=<password>
canreinvite=no
host=dynamic

リンク先とほぼ同じである.
<nicNm> <sipPwd> <sipID> は 050Plus の自分の数字.
探し方はAsteriskサーバで050plus収容などを参考に決めればよい.(感謝です.)
<password>は自分で適当に決める.

/opt/etc/asterisk/extenstions.conf

[globals]
;For 050plus 自分の電話番号
MYNUMBER=050xxxxxxxx

[default]
; Ring phones 100
exten => 100,1,Dial(SIP/101&SIP/102)
exten => 100,n,Hangup

;050plus
exten => _0.,1,Set(CALLERID(num)=${MYNUMBER})
exten => _0.,n,Set(CALLERID(name)=${MYNUMBER})
exten => _0.,n,Dial(SIP/${EXTEN}@050plus,120,T)

exten => 101,1,Dial(SIP/101,30,r)
exten => 101,2,Hangup()

exten => 102,1,Dial(SIP/102,30,r)
exten => 102,2,Hangup()

/share/HDA_DATA/.qpkg/autorun/autorun.sh
の自動実行シェルに

/opt/sbin/asterisk -vvv &

を追加した.

これにより,050Plus も AGEPhone で外に電話がパソコンからかけられるようになった.
ちなみにマイクはアナログのマイクをUSBオーディオ変換ケーブルを通して使い,音はスピーカーから出している.
耳が痛くなることもなく快適だ.