子供の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

最近,私自身は少年サッカーのコーチを辞めて,子供だけ別のチームに参加させてもらうことになったのだが,そこで気づいたことがある.
我々親は子供に
「まだ出来ないから,仕方がない.」
「まだ,○○(子供の名前)には早いね.」
という言葉を使っていないだろうか?
『子供の可能性は大人が決めるべきものではない』ということをこの新しいチームから学ばせてもらった.
そこでやっている練習はサッカー経験者で少年サッカーのコーチをやっていた私が見ても,明らかに高度で難しいものだった.
簡単にいうと,ただ技術的に難しいというのでなく,その場の状況を判断してプレーする練習をしていた.
はじめてみた時は「こんなのできるの?」とかなり驚いた.
自分が中学の時でもこんな練習はしたことないというレベルのものを,小学校1,2年生ばかりというのに,しっかりこなしているのだ.
これを見た時,やはり子供には何でもやらせてみるものだと強く思ったし,上のような言葉を吐く人間がいたら,聞かせてやろうと思った.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です