天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男九戸政実 高橋 克彦

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

炎立つが面白かったので,その後の奥州を描いた「天を衝く」も買って読んでみた.


天を衝く〈1〉―秀吉に喧嘩を売った男九戸政実: 本: 高橋 克彦
3巻で秀吉勢と戦うのだが,蒲生氏郷が愚将扱いされているのが非常に納得がいかない.
基本的に中央に対して戦う姿勢と言うのは別に結構なことなのだが,能力設定には無理があると感じた.
信長,秀吉に認められていた氏郷がこの本の通りだとは全く思えない.
端っこにいても,島津義弘のような名将もいたわけで,やはりその辺りの武将に比べると一回りも二回りもスケールが違うと言わざるを得ない.
高橋克彦さんには東北出身でない武将を書いて欲しいと思った.
ただ,南部氏が北畠顕家に従ったあの南部師行の子孫だったとか,そもそも南部が源氏の子孫だとか歴史のつながりには感慨深いものがあった.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です