シャープ洗濯機 ES-75N E21 (エラー21) を直す一つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

修理までの経緯

もう購入してから10年ぐらい経つSHARPの洗濯機 ES-75N .
半年前ぐらいから,すすぎから脱水に移るときに E21 というエラーが表示されて止まってしまうようになった.
E21というのは「ふたのロックがかからない」時に出るエラーなのだそうだが,よく観察していると
「ロックがかかる.」

「エラー 21」

「ロックが外れる.」
という動作をしているので,意味不明.ロック動いとるやないか!と突っ込みたくなる.
(実際,この後シャープへ電話して突っ込んだ.)

もう一度スタートを押せば始まるので,結構面倒な状態だったが,致命的な感じでもないので放っておいた.
しかし,ついにスタートを押しても再開しないようになったので,これはイカンとシャープに電話することにした.
(実際にはこの後,嫁さんが中の洗濯物をかき回してからスタート押したら動いた.振動で接点がつながったのだろう.)
これが,またお約束でなかなか繋がらない.

その間にネットで調べてみようと思い,検索してみるといきなり,それっぽいのが見つかった.
これがその「シャープ洗濯機 ES-U70C 故障の原因がボロボロになったマイクロスイッチだった」ページである.
しかし,このスイッチはドラムが内部の壁に当たった時に回転を止めるためにあるストップスイッチと呼ばれるものらしい.しかもこれのエラーは E04 らしく,E21とは違う.
でも,なんとなくこれっぽいので,シャープの人に電話で確認すると,このスイッチの不良で E21 は出ないらしい.
詳しく聞こうとすると,シャープエンジニアリングに聞いてくださいと逃げられる.
とりあえず,翌日に来てもらう予約を入れると,電話が朝かかってくるので,その時に聞いてくれといわれた.
仕方ないので電話の予約だけして,自分で分解してみることにした.

修理方法

ふたを上げると手前にある蓋のついているネジ2本と奥のネジ2本外すと簡単に上部が外れる.
そして,その上部の左側にロック機構のユニットがある.


これがネジ4本で止まっているので,これを外す.
ユニットが外れるが,これもネジが3本ついているだけなので外すとふたが取れる.
すると,ソレノイドとマイクロスイッチとマグネットスイッチが現れる.


このマイクロスイッチが先ほどのリンク先のページにあったものとそっくりだったので,原因はこれではないかと思い,外してテスターで調べてみたが,全く導通していない.これで動く方が不思議..
ここまで確認したので,明日電話で聞いてみようと思い,その日は終わった.

翌日かかってきた電話で部品の内容は確認したのだが,E21のエラーはどうやらマイクロスイッチらしい.
そして,このロック機構の部品代だけで4000円かかるらしく,さらにこのマイクロスイッチだけは売っていないらしい.
さっきのページにあった型番「210 530 0433」ではないのか?と聞くと「これは確かにストップスイッチだが,ロック機構の内部にあるものと同じだとはいえない.もしかしたら同じ可能性もある」とのことだった.
最悪,これだけ買いに行けばいいやと思いつつ,このエラーを直すだけで4000円の部品は馬鹿らしいと感じ,接点を磨くことにして,一旦電話は置いた.もちろん,修理に来てもらうのはやめた.
ちなみに修理に来てもらうと15000円ぐらいかかるらしい.
これが,その問題の部品.ロック機構の中にあるマイクロスイッチである.
ロック機構の中にあるマイクロスイッチ
(後日談.先日,洗濯機は新しく購入したが,その前に他のページで知って買った 210 530 0426 というマイクロスイッチはこの形とは違うもので形状が合わず失敗だった.(2014/07))

それでもう一度洗濯機をばらして,マイクロスイッチを取り出し,中をあけてみると案の定,錆が一杯ついている.接点復活剤を吹き付けてやると簡単にはがれた.テスターで測ってみると完璧に動作している.

ロック機構にマイクロスイッチを組みなおす時には線を引っ張らないように,マイクロスイッチを傾けないように慎重に行うと良い.(最初急いで直したときにはちょっと傾いていたせいか,エラーが出た.)

とりあえず,これで直ったようだ.
10年ぐらい経ってて,いつ本格的に壊れるか分からないので 15000円も出さなくて済んでほっとした.
こういう情報を載せてくれている人たちに感謝しつつ,私もここに情報を載せておくことにした.

※ロック機構の写真追加(11/21)

再修理

追記(2013/4/12)
また,エラーが出たので同じように修理.
マイクロスイッチ分解写真
ついに金具が折れたが,Uの字を浅くして対応.
また復活.

リコール

追記(2013/11/18)
シャープから無料点検修理のお知らせが来た.
この機種は対象機種だった.修理は完了.
詳しくは全自動洗濯機の無料点検修理のお知らせ(発煙・発火の恐れ)
この個体は made in Japan だったようだが,なかなか長くもってくれるのでありがたい.

関連記事

“シャープ洗濯機 ES-75N E21 (エラー21) を直す一つの方法” への 9 件のフィードバック

  1. うちの洗濯機「ES-A70E」も同じ症状になりまして、管理人様の紹介されていたものと同じ接点復活剤を購入し、マイクロスイッチを清掃したら無事復旧しました。

    一時は洗濯機を購入しようとも思いましたが、やはり大型家電はなかなか買おうと思っても手が出ないですからねぇ^^;
    本当に感謝です。ありがとうございました。

  2. 直ってよかったですね.
    私もこのページのリンク先の管理人さんには感謝しております.
    こういう時,本当に助かりますよね.
    直してから,もうだいぶ経ちますが,今のところ,エラーは再発してません.

  3. 自分も管理人さんのおかげで無事治りました!
    ただ、マイクロスイッチを開けることがどうしても出来ず、15分ほど悪戦苦闘しましたが逆に壊しそうでおもいきれず、結局小さな三角のスイッチ?の隙間から接点復活剤を多めに吹き付けました。
    今では全くエラーがでず、快適に使用してます。嫁さんにもいいカッコできました(^^) ありがとうございました。

  4. それは良かったです.この洗濯機,今でも動いてます.
    マイクロスイッチはマイナスの精密ドライバーでちょっとこじ開けるようにして開ければ取れると思います.
    確かにちょっと壊しそうな感じはしますが,思ったよりやわらかいので大丈夫だったと思います.
    ただ,今動いているなら触らないほうがいいでしょうね.

  5. 2000年頃に購入したES-B75Dですが、最近E21が頻繁に発生するようになりました。最初は磁気センサーの方が原因かと思い、強力磁石を扉のロック機構近くに置いたりして対処していましたが、とうとうどうしても言うことを聞かなくなってしまいました。このベージの記事を参考に洗濯機を分解し、センサー配線を色々いじくった結果、磁気センサーではなくてロック機構のマイクロスイッチがいかれていることがわかりました。マイクロスイッチが繋がっている青色の線を短絡させるとE21エラーが解消されることがわかりました。ただし、そうすると電源投入時のスタートアップチェックでC16エラーが出てしまうので、単純に短絡させ続けるわけにはいきません。そこでホームセンターでトグルスイッチ(自動車用品売り場で売ってました)を買ってきてそれをマイクロスイッチ回路と並列に接続して、電源投入後にトグルスイッチを入れてE21を回避させるようにしました。
    ついでにマイクロスイッチの方も分解してみましたが、金属のヒゲがいやに短くてこれではうまく端子に接触しないのでは、と考え、金属のヒゲがホルダーアームに深く差し込まれすぎないようにホルダーアームの穴に少し詰め物(半田の玉を使いました)をしてみたところ、こちらも今の所正常に動作するようになりました。
    と言うことで、現在はトグルスイッチはオフのまま通常使用していますが、またマイクロスイッチが調子悪くなった時にはトグルスイッチが活躍すると期待してます。これでまだ当分今の洗濯機を現役で使い続けることができると思います。
    (それにしても、せっかく全体の性能が良いのに、こんなショボいマイクロスイッチで評判を落としているシャープさん、もうちょっとなんとかならないものですかね。今でもシャープさんはこのショボいマイクロスイッチを使い続けているのかな)

  6. 初めまして。私もシャープ洗濯機ES-A80EでE-21が出るようになり、こちらにたどり着きました。大変ありがたい写真を参考に分解すると、全く同じユニットでマイクロスイッチの端子が折れていましたので早速参考URLで紹介されていた部品番号でシャープエンジニアリングに問い合わせすると、「一般のユーザーには販売出来ません」とのこと、それでは別のサイトで紹介されていた家電量販Y電器と関西J電機にも部品取り寄せをお願いしましたが結局シャープからは同じお断りの返答。悔しいですが純正部品の取り寄せはあきらめて同等部品を探しました。結果オムロンの「D2MV-01-1C1」をアマゾンで部品代+送料=454円で注文。すぐに部品が届きいざ組み込もうとしましたがスイッチ部品の外形が一部取り付け部に干渉しました。ここでもあきらめず洗濯機のユニットケース側の当たる部分を少しカッターで切り落とすことで装着が出来ました。以降は何の問題もなく動作しております。自己責任でも修理したい方のさらなる参考になればと思い投稿させていただきます。管理人さんありがとうございます。

  7. コメントありがとうございます.
    この情報で助かる方もおられると思います.
    貴重な情報ありがとうございました.

  8. 上記コメントの”つんおやじ”さんと同様です。
    2000年製造のES-75Dを、子供から中古で貰い計17年稼働しています。すすぎの前にE21がここ半年ほど出て、その度に再スタートで動いていました。ついに恒久的となりテスター使用でマイクロスイッチに行き当たり、分解すると内部の接点片方が折れていました。SWを含むアッセンブリーがまだ在庫してないかシャープサービスセンター東京に電話。対応は丁寧だが、当然ながらすでに在庫なしとのこと。

    その後、一応置いてあった、子供が学生時代に使っていた21年ものの旧2槽式洗濯機に付け替えかみさんの洗濯に対応。

    インターネットでこのURLに行き当たり、非常に参考になりました。

    一方、別の目的で薄い銅箔を保有していたので、とりあえずこれを2.5mm幅ではさみで切り、ピンセットで曲げ似たような接点を製作し、テスター確認で何とか作動するようになったので組み込みました。

    残念ながら実装後うまく行かなかったため、”つんおやじ”さんのアイデアにより、上カバーの横に6mmの穴をあけて電線を通しスライドスイッチで対応。当該SWは交換されることを考慮していたと思われ、ナイフ型の差し込みが付いているので、これは尊重。

    一方、当該SWは多くの型番でも同形状らしく、別URLで部品番号が210-530-0426であることがわかりました。Y電機に問い合わせましたが、やはりシャープは個人には販売しないようです。皆様のコメントにあるように、折角17年も耐久し、きちんと動く洗濯機が、DVD/CDのふたのCloseを検出するようなマイクロSWで機能させなくなるのは極めてバランスの悪い設計です(種々のマイクロSWを調べて見ました)。

    さらに、また外したマイクロSWの内部の接点を調整し、さらに確実に作動するようになったが、とりあえずかみさんがスライドSWの取り扱いを嫌がるようになるまで置いておくことにしました。銅箔はスプリング力が弱いので、そのうちアルミ箔に代えてみようと考えています。

    日本の製品も品質が良いと言われつつ、3年で画面が出なくなり調整で対応、その後8年目でPower MOSFET 1個破損で画面出ずとなった東芝REGZA(修理依頼と同時に中国から予備部品購入、破損ボードのMOSFETも入手し交換、現在9歳)、同じく3年で冷えなくなり、その後製氷機が壊れた日立の冷蔵庫(水を掃き出しながら現在14歳)、色々手間がかかりますねえ。フー。

  9. 「フー。」に同感です.家電製品には苦労しますよね.
    本当に設計もう少しどうにかならないか?と思います.
    貴重なご意見ありがとうございました.
    ちなみに我が家は既に日立のBW-D9SVという洗濯機に代わっています.
    こちらは今のところ,快調です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です