水筒用ひょうたんの作成

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

以前,ホームセンターでひょうたんの苗が売っていたのを見つけ,買って庭に植えておいた.

一つしか出来なかったが,なかなか大きいものが出来たので,水筒でも作ってみるかとやってみた.

いろいろ調べてみると,「種を取るために完全に熟すまで放っておく」となっているので,実際につるが枯れるまで放っておいた.

それで穴を開けたところが下の写真.

上に穴をあけて,水がはいるように割り箸で中をできるだけぐしゃぐしゃにかき回した後,水をいれて,そのままバケツの水の中に沈めた.

これで中を腐らせて種を取るということらしい.
3週間ぐらいつけていただろうか?この間,2回ほど水を取り替えつつ,ぶんぶん振って中の果肉や種を外に出した.

かなり臭いとのことだったが,実際にはそれほどでもなかった.
それで何回も水で洗った後に干したところの写真が下.

乾燥させて出来た瓢箪がこれ.

後,栓を用意しなければならないが,一旦作業はここで終了.
下の缶は柿の種の缶.大きさが分かってもらえるだろうか.

果たしていつ使えるのか?水以外のものを入れると掃除が出来なさそう.
結構大きいので,かなりの量が入って重くなりそう...

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です