トマトやナスなどの発芽方法

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

トマトやナスの種は寒い時期に発芽させておかないと夏に間に合わず,素人は苗を買った方がよいといわれてます.
確かに去年までは種から育てたものはどうしても遅れてしまうので,苗も買って,両方でやってました.
今年はなんとかしようと,日中は外で,夜は家の中でと,工夫しましたが,やはり芽が出ません.
電熱器を買うのも作るのもおおげさなので,何かいい方法はないか考えたところ,思いつきました.
それは,電気ポットの上に置くという方法です.
hatsuga.jpg
室温にもよると思いますが,うちの場合,90℃の保温にすると土の温度が30℃ぐらいでちょっと高すぎ,60℃保温にすると,20℃ぐらいと微妙な感じでした.
そこで,適当にお茶飲むときは温度を上げて,普段は60℃の保温にするというやり方で暖めてみました.
すると,3日目ぐらいから,芽が出始めました.
写真のサイズのタッパーだと一つしか乗せられないので,この際,トマト,ピーマン,ししとう,ナスなど,まとめて入れてみました.大きくなったら,判別がつくだろうということで...
冬の発芽方法に困っている方があれば,お試しください.
くれぐれも火事には気をつけて,自己責任で.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です