しびれる山椒

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

私は寿司のわさびは呼吸困難になるぐらいの量食べるのが好きだ.
同様にうなぎやぶりの照り焼きにかける山椒も舌がしびれまくるのが好きだ.
以前,あるうなぎやで舌がしびれる山椒を置いている店があった.
大学時代,よく祖母につれていってもらったり,出前を取ったりしてもらっていたのだが,先日行ってみたら,しびれなくなっていた.店のおばさんに事情を聞くと山椒を扱っていた乾物屋がつぶれたらしい.
スーパーで売ってる山椒はまったくしびれない.
しびれた舌で食べるうなぎも肝吸いも最高にうまいことを知っている身としてはどうしたらあの山椒に会えるのかと普段みない山椒を見ると買っていたが,全然しびれない.
で,最近畑の脇に山椒の木があり,しかも実がなっているのを見つけたのでちょっと持って帰ってみた.
山椒
で,市販の山椒と同じ皮の部分を食べてみるとやっぱりしびれない.実の部分って食べれるのかとネットで調べるとどうやら問題ないらしい.そこで実をひとかじりしてみた.
すると...舌がしびれた!
何年ぶりの感覚だろうか.
その後,うなぎと肝吸いを買ってきて,食べてみたが,実をつぶしてもしびれない.
「実じゃなかったの?」
と思いつつ,古い方を食べていたので,より新鮮な方を食べてみるとやっぱりしびれる.
ただ,その後,あんまりしびれんなあ,と調子に乗ってたくさんすりつぶして食べると,舌の両側からだらだらよだれが止まらなくなってあせった.
古い新しいは関係なくて個体差があるのかもしれない.
もう少し食べてみる必要がありそうだが,気をつけて食べないとえらいことになると思った.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です