Field Shooter

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

運動会の写真を取り始めてから,はまり始めたカメラだが,ついに三脚を購入.
最初にD50を購入したときにビックカメラでおまけについていた2000円ぐらいの三脚を使っていたのだが,風が吹くと倒れそうなので困っていた.
今度,暗い場所で撮影する必要があり,ここはしっかりした三脚を買わねばと調べ始めた.
カーボン製はやはり4万はしそうで,素人にはかなり抵抗がある.
・だいたい軽かったら意味ないんじゃないか?
という素人考えと,
・あまり持ち歩くことはないだろう?
という思いで,カーボンでないのを探すことにする.SIGMA の 70-300mm F4-5.6 DG MACRO が安かったにもかかわらず,とてもきれいに写るのでこれを使って撮影するつもりなのだが,D50とあわせるとやはり結構重い.
よって,中型の三脚を探し始めた.
ヨドバシなどにもいって,店の人の話を聞き,スリックの「プロ 500 DX-AMT」にしようと思ったが,あるサイトで「プロ 500 DX-AMT」にしようとしたが,やめてベルボン「Field Shooter」にしたという話が載っていたのを参考にもう一度確認に行くと,やはり雲台はしっかりしているし,脚を伸ばすときの空気の抜ける音がいかにも精密にできてそうで高級感があり,直感でこれしかないと決め,3kg弱と少々重いがこれにすることにした.
結局,ネットで一番安そうなところで購入.
fieldshooter.jpg
いや,確かにしっかりしとります.
カメラの取り付けも安物と違って簡単にできるし,クイックシュー付の自由雲台買おうかと思ってたけど,とりあえずこれで様子を見ることに決定.
届いて取り出すときに脚を持つと12月ということもあって,室内でもやはり冷たい.
なんか,布でも巻かなあかんかな〜と,思いつつ,まだ使ってないけど,満足満足.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です