波浮港 元町浜の湯 伊豆大島に行ってきた.

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

とても親切にしていただいた「八幡荘」さんであるが,客は我々家族しかいなかったのにどうもワザワザ船を出していただいたようで,きんめだいの煮付けが一人一匹ずつ,めだいときんめだいの刺身もついて,大人一泊6300円と非常にリーズナブルであった.
味もとてもおいしかった.
(TELは 04992-2-8746 だが,いつもこうなのかは分かりません.)
場所は岡田港から徒歩3分ぐらいのところで,観光協会の脇の道を入って,八幡神社の真横にあります.
八幡荘からの眺め
八幡荘からの眺め
岡田港を上から見たところ.
岡田港
筆島
筆島
写真でみた風景にひかれて波浮港に行ってみた.
思ったより,狭い範囲だった.
波浮港
波浮港
波浮港
教科書で見たことあるような地層切断面.大島に行ったらこれは見ておいた方がいい.
地層切断面
火山博物館によって,元町でこれまた宿の方に教えていただいた「寿し光」という店へ.
ここで名前は忘れたが,べっこうの刺身とてんぷらがセットになった定食(確か2000円.もちろん店のおすすめ)を食べたが,べっこうが思いのほか辛くて,そのままではきついな,と思っていたところ,セットについていた茶漬けにしてみたら,とても美味,思わず帰りに醤油を買って帰ってしまった.
それと,「くさや」に初めて挑戦したが,これは残念ながら私には合わなかった.
店のお兄さんがマヨネーズを持ってきてくれたので,それをつけて食べたが,やはり無理.
それでも勿体ないので食べようとしていたら,妻に「車が臭くなるからやめて」と言われ,断念.
動物園でよく嗅ぐ動物の糞のにおいが口の中に広がってくる.におわないように飲み込みたくても,鯵の干物というよりは,するめに近い感じなので飲み込めない...
その後,「元町浜の湯」に行ったが,日影がなく,直射日光に耐え切れず,20分ほどで退散.
曇りの日や日が沈みかけてから行った方がよさそう.
浜の湯の横から海を見たところ
さらに岡田港へ向かう途中に「為朝の館跡」に立ち寄って感慨にふける.
その後,まだ少し時間があったので,郷土資料館に行き,ぶらっとはうすという農産物直売所でソフトクリームを食べ,出港地の岡田港へ.
ガソリンがリッター189円なのには閉口したが,手軽に島気分を味わうには大島はいいところ.
最後にスタンプラリーの景品でシャンプーや塩までもらって大満足の1泊2日の旅行だった.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です