病院で殺される 船瀬俊介

たまたま本屋で見つけたので手にとって読んでみると内容がいろいろ衝撃的なので購入してみた.

病院で殺される
病院で殺される 船瀬俊介

題名の通りで病院や薬には気をつけろという内容である.

ワクチンは本当に意味がないということがよく分かった.
自分自身,インフルエンザにかかった時にタミフルを飲んで一発で治ったことから,「予防しなくてもかかってから薬飲めばいい」と思い,ワクチンは打っていなかった.子どもに関しても同様で途中から打たせていなかった.しかし,打っていないうちのがインフルエンザにならないのに,打っている他の子がインフルエンザにかかっていたのを見て,やはりこれは意味がないと確信していた.

しかし,この考えは少し間違っていた.
そもそも,打つほうが危険だというのだ.

さらにタミフルも危険という.私は劇的に治ったので,それはどういうことカナと思ったが,元々インフルエンザは「3日ほどで自然に強力な抗体が出でき,嘘のように熱は下がる.」(p.39)と書いてある.
確かに高熱が出てから1日半ほど我慢して,どうにも死にそうだったので,病院で薬をもらったのだが,治ったのはちょうど3日目ぐらいだったと思う.

まさに
「よくも,だましたアアアア!!」
である.

ワクチンや予防接種の話だけでも必読である.
が,「輸血は臓器移植と同じ.」は知らない話だった.気をつけねば.

また,「白血病はガンではなかった」では抗がん剤の中で白血病は効くというのは近藤誠さんに対する反論として,よく書かれているが,そもそもガンではないのですか??うーん,どれが一体正しい情報なんだ??

しかし,抗癌剤は毒ガスだというのは全くもってうなずける内容だ.

この本は特にこれから子どもを育てようとする人たちは絶対読んだ方がいいと思う.
子どもにワクチン打たせるのではなかったと心底後悔した

歳を取った人たちには第10章老人病棟,第11章平均寿命はペテン?がお勧めだ.

医者に殺されない47の心得
医者に殺されない47の心得 近藤誠

これに関してはかなり前に読んで,とても納得しているが,この本の内容はさらにそれを上回る.
まさに必読だ.

ちなみに内容について,あまり詳しく書いていないのは自分で買って読んだ方がよいと思うからだ.

とても参考になりました.
ありがとうございました.

病院で殺される
病院で殺される 船瀬俊介

2013年 大和郡山城

一度行ってみたいと思っていた大和郡山城に行ってみた.
羽柴秀長の城として有名であるが,私はこの秀長に関しては堺屋太一さんにも絶賛されているが,とても優秀な人間だったと思っている.
それでどういう城かずっと見てみたかった.

追手門
追手門

この門はかなり立派である.この門の近くに数台止められる駐車場がある.

内堀
内堀

石垣も立派.ただ,石が足りなかったのか,お地蔵様とかも持ってきている.今の時代でも普通に抵抗あると思うが,それを昔の時代にやっているということに実際見て本当に驚いた.豊臣家というか織田家の人心掌握術の凄さに.

内堀
内堀

内堀はぐるっと一周してもそれほど時間がかからない.
規模としてはそれほど大きくないと感じた.

学科指導教室 ASU
学科指導教室 ASU

城内に残っているこの建物はとても年季が感じられた.

全体的に行ってよかったと思った.

2013年 金閣寺

久しぶりに金閣寺に行ってみた.

金がギラギラしていなくて本当に綺麗であった.
それと,外人の数が多かったのが印象に残った.
やっぱり,観光地なんだなあ.

金閣寺

金閣寺

金閣寺

金閣寺

2013年 清水寺

清水寺に行ってみた.昔行ったことがあるような気がしているのだが,定かではない.

清水寺

ちょっと前に「うめぼし博士の逆(さかさ)・日本史」という本を読んで本当なのか?と確かめてみたかったことがあった.
うめぼし博士の逆(さかさ)・日本史
うめぼし博士の逆(さかさ)・日本史

この本には清水の舞台のことがこう書かれてあった.

「あの舞台は,谷間に都の庶民の死体を捨てるために,棚を突き出して作ったのではないかと思われる.」(P.81)

清水の舞台
清水の舞台(現在,一部工事中)

実際に舞台の下に行ってみると,確かにお地蔵様というか,石仏が沢山あった.

「位のないものは墓を作ってはならない,と法律で定められていたからである.」(P.81)
捨てられた死体を供養するために石仏を立てるとも書いてあるので,確かに辻褄はあう.

清水の舞台下
清水の舞台下

何も知らないとただ素通りするだけの場所であるが,こういう歴史を知るといろいろ考えさせられる.

鳥羽水族館は見所あり

かなり昔の小学校の修学旅行で行って以来,鳥羽水族館に行った.

正直全然覚えていなくて,それほどの期待もなかったのだが,
「いや?なかなかよかった?」
が率直な感想.

宿で割引された券を購入後,駅まで送ってもらった.
水族館までは7,8分ぐらいか.

思ったより大きく,午前中で見ようと思っていたが,これは昼過ぎまでかかりそうだなあという印象.
まず,ショーの時間を確認してから,回り始めた.

えび
きれいなえび

くらげ
きれいなクラゲ

そして,必ず見なければ帰れないショーだが,アシカショーはお姉さんがうまかった.アシカに向けてボールを蹴るのがなかなかの足技だった.見てると簡単そうに見えるが,なかなか連続でコントロールするのは難しい.
アシカショー

今回,一番面白かったのはやはりこの「セイウチパフォーマンス笑(ショー)
セイウチパフォーマンス笑(ショー)

お兄さんはほとんどプロの漫才師レベルだ.去年の伊勢安土桃山文化村も笑えて良かったが,このショーも笑えた.
鴨川シーパラダイスのように迫力あるのもとてもいいが,笑えるショーもいい.

しかし,昔,修学旅行でいった時はこんなのやっていなかったと思うのだが,いろいろ工夫しているということか.

伊勢湾フェリーに乗ってみた

この夏の帰省ではまた鳥羽で一泊するつもりだったから,フェリーを使ってみようと決めていた.

伊良湖(いらご)からフェリーに乗ったのだが,時間があったので,田原市観光ガイドのページを見て,鸚鵡石(おうむせき)というところによってみた.
途中で本当にこんなところにあるのか?と思うような道をいってみると,小さな橋を渡ったところに車止めがあり,その手前に駐車できるスペースが1台か2台あった.
ただし,結構狭いので降りて誘導していたのだが,ここでブヨかアブか何か分からないものに足を刺された.
誘導に集中していたせいか,刺された感覚はなかったのだが,血がだらだら出てて「やばいな,これは」とちょっと思ったが,痛くないので,「まあいいか」と放っておいた.
一応,手で絞りだすようなことをしてみたが,後から考えると吸い出したほうが良かったかもしれない.
嫁さんが東北でやられたときはかなり何ヶ月も後を引きずっていたので,ちょっと心配だったが,全然痛くないので,私の体質なのかナンなのかわからないが嫁さんの時とは違うようだ.

その日の夜の腫れ具合.というか赤み具合.
ブヨによる赤み
赤黒いがほとんど腫れていない.まあ蚊ではないことは確かだ.

次の日,その周りがつるような感じになった.筋肉が硬くなったというか.やっぱ毒だったんだなという実感はあった.

うーん,大丈夫か?と思ったが,そのまま2,3日放っておいたら,かさぶたが出来て終わった.2週間ぐらい経ってもまだ少しかゆいがまあいいとしよう.

話はだいぶ脱線したが,鸚鵡石に寄る人は長袖,長ズボンの方がよいだろう.

ちなみに石は叫んでも反響しないし,散々だった...
昔,山口だったかどっかで,手を叩いたら音が返ってくる石とかあったがそういうものを期待していったのが間違いであった.
いや,よく説明を読むとそういう観光名所的なものではないのである..自業自得か.

さて,フェリーの記事のはずが,別の話になってしまったが,本題に戻す.
浜松でインターを降りて,お城を見てからうなぎを食べて,フェリー乗り場に向かったのだが,岡崎あたりの渋滞やぐるっと伊勢湾岸道を通ってくるより,だいぶ楽だった.
関東方面から鳥羽にとまるつもりの旅行なら,このフェリーはかなりお勧めだ.55分で着く.
ガソリンと高速道路代と楽さ加減を考えると値段もちょうどよいぐらいではないか.まあもっと安いともっと利用する人増えそうだけど.

sewanferry

sewanferry2

まむし出没

昔,「まむし注意」という看板のある大学があると聞いたことがあるが,うちの玄関先にもマムシがいた.

夜,子どもが帰ってきた時に気付いたらしいのだが,なんと「アブラコウモリ」を口にくわえたマムシがいた.

前にアブラコウモリが玄関先に落ちていたという記事を書いたことがあるが,今度は食べられていた.

カメラを取りに行っている間に飲み込んでしまったので,下のように首?のところが膨れている写真しか取れなかった.
前に助けた時はたまたま昼間で気付いたから助けられたが,夜までいるとこういうことになってしまうのだ...

蝮

マムシ

家の外には殺鼠剤を置いたこともあるが,ネズミも出没しているので蝮に食ってもらえば助かるなあと考えながら,消えていくのを見ていた.

ちなみに朝になって,よく玄関周りを見ると,なんともう一匹,別の場所にアブラコウモリが死んでいた.

うーん,ここは横浜なのだが,まさに「野生の王国か?」というのが正直な気持ちだ.