2011-09

書評

逆説の日本史〈2〉古代怨霊編 井沢元彦

ずいぶん昔の本であるが,久しぶりに読み返してみた. 井沢元彦氏の「逆説の日本史」は私にとっては非常に面白いと感じられる本である. もともと歴史が好きなのだが,まんべんなくどの時代も面白いと思うようになったのはこの「逆説の日本史」シリ...
放射線

結局,野菜はどこまで食べられるのか

農林水産物モニタリング情報がふくしま新発売というサイトで出ていて,非常に分かりやすい. 本当のところ,どれくらい汚染されていると作物は土壌から吸い上げるのか,このページで調査してみた. 土壌からの吸い上げを見たいので,7,8月に...