リバーライト 極 鉄フライパンを購入

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

購入動機

朝食に炒り卵を食べるのが好きなのだが,うちはテフロンのフライパンは嫌いなのでもっておらず,従って油をほとんど引かないで作ると卵がこびりつくことになる.

銅製の卵焼き器で作ると味に関してはうまく出来るのだが,油をほとんど敷かずに作るとその後,本当に卵焼きを作る時に作りにくくなると嫁さんからクレームが来る.

それで,鉄のフライパンで作っていたらしいが,それでもやはり同じことなので,ずっと困っていた.
ついに一大?決心をして,炒り卵用のフライパンを買うことにした.
(もっと早く買えばよかった.)

ネットで検索したところ,リバーライト社の 極 鉄フライパンというのがよさそうだと思われた.

商品選択理由

  • テフロンなどのコーティングをしていない.
  • 鉄なのにさびにくい.(特殊熱処理(窒化鉄):鉄の表面を窒化させることで、表面が極めてサビにくい強靭な鉄にしているらしい.)
  • 取っ手が木で出来ているのでタオルを巻いたりしなくてよい.

炒り卵の作り方

正直,油を使わないほうが炒り卵はおいしいと思っている.
が,全然使わないとやはりこびりつくので,最初にチンチンに熱し,油を比較的多めに注ぎ,火を消し,その油をどけて,よく拭いてから余熱で作るとうまくいく.

それが以下の写真.
下の炒り卵のクリックするとアマゾンのページが出てくるが,そこにある
「焦げ付かせない使い方・洗い方♪, 2009/10/17」
というカスタマーレビューが非常に参考になる.感謝!

卵1つをあらかじめ小さなボールでといて,醤油を大さじ半分,胡椒をいれるとピリッとしてうまい.

たしかにこのフライパン使いやすい.

炒り卵好きならお勧めである.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です