炎立つ 高橋 克彦

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

以前から読もうと思っていた奥州藤原氏を描いた高橋克彦さんの「炎立つ」をついに読んだ.


炎立つ〈壱〉北の埋み火: 本: 高橋 克彦
よく分からなかった安倍氏,藤原氏,清原氏の関連がある程度分かった.
ある程度というのは,本が史実の通りだったとしても,納得しにくい部分が多かったから.
最初の安倍貞任は強い武将かと思いきや,ずるずる負けていってしまうし,藤原経清も同様.
藤原泰衡も結局同じパターンで,なんか納得がいかない.
が,読み応えのある本だった.
朝廷と蝦夷の関係が,天皇家と物部氏との関係と同じということもうなずける.
源義家に関しては,確かにこんな感じではなかったか?と妙な納得感があった.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です