お問い合わせページはなぜSSL対応?

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数

最近,企業の資料請求ページなどがSSL化してきているのだが,なぜか違和感があった.
その違和感が何であったか,今日気づいた.
資料請求する場合,当然自分の住所などの情報を入力せざるを得ない.
送ってもらう必要があるからだ.
そして,個人(法人)情報を送信すると,だいたい確認メールというものがやってくる.
そこにはほとんどの場合,今,入力した情報が載っている.
住所や連絡先の確認のためだ.
しかし,よく考えて欲しい.メールの内容は暗号化などされていない.
つまり,いくらSSLで注意を払っても確認メール送ってたら意味がないのである.
ただ,資料を送った送ってないなどの後々のトラブルを考えると念押しの確認情報はあった方がいいだろう.
だいたい「送信」を押してもうんともすんとも言ってこない不親切サイトよりはかなりましである.
アマゾンや楽天で買い物しても確認メールはやってくる.
クレジットカードで買う場合はクレジットカード番号はさすがにメールには入ってこないので,その分は意味があるだろうが,振込みで買う場合はやはりメールで送っていたら,買い物するページがSSLになっていてもあまり意味はない.
クレジットカードを入力するようなことがない画面でSSLを要求する人たちがいるが,それはどういうことだろうか?
もし,このページを見た方で「それでも,やっぱりSSLは意味がある」という人はコメントをお願いします.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です